生駒市衛生社 > 会社案内

会社案内about us

廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃掃法)を順守し、
生駒市での廃棄物収集運搬の委託・許可業者として
常にお客様のことを第一(地域密着型)に考え、
地域社会の未来に貢献できる企業として日々の業務に邁進しております。
また、廃棄物の収集運搬は元より
廃棄物循環型リサイクルシステムの構築に向けて、
生駒市とともにがんばってまいります。

代表者挨拶

地球環境を取り巻くさまざまな問題(地球温暖化・天然資源の枯渇・大量廃棄・エネルギー消費の拡大など)に対して、環境への影響をできるだけ減少させるため、

『今できることは何か?』

当社では、平成19年8月に新社屋設立を機にいろいろなエコへの取り組みを始めました。
以前から取り組んできた活動(ごみの分別・リサイクル・ごみの減量化など)に加え、より大きな資源循環型社会の実現に向けて全力を尽くします。

代表取締役 武田 年弘

会社概要

社名 株式会社 生駒市衛生社
役員 代表取締役社長  武田 年弘
取締役専務  武田 康子
取締役  桑原 一夫
取締役  桑原 守
取締役  武田 友希
取締役  武田 尚子
監査役  福井 アイ子
所在地 〒630-0142 奈良県生駒市北田原町1548-1 拡大地図
TEL:0743-79-9031
FAX:0743-79-9030
資本金 1,000万円
業務書目 業務種目一般廃棄物の収集、運搬及び処分業
産業棄物の収集、運搬及び処分業
古物の売買業
一般廃棄物・産業廃棄物の再生製品の製造及び販売
沿革
  • ・昭和25年 林商店
    生駒市内一般廃棄物収集運搬開始
  • ・昭和35年 光洋社
    生駒市内一般廃棄物収集運搬開始
  • ・昭和35年 昭和大北
    生駒市内一般廃棄収集運搬開始
  • ・平成5年 林商店・光洋社・昭和大北3社が合併
    株式会社 生駒市衛生社として改称
  • ・平成19年8月 新社屋設立
組織図

許可品目一覧

一般廃棄物収集運搬処理業

生駒市

産業廃棄物収集運搬業

許可行政名 許可番号 取り扱う産業廃棄物の種類
奈良県 02904035253 汚泥/廃油/廃プラスチック類/紙くず/木くず/繊維くず/ゴムくず/金属くず/ガラスくず等/工作物の新築・改築又は除去に伴って生じたコンクリートの破片その他これに類する不要物 以上10種類
京都府 02600035253 廃プラスチック類/紙くず/繊維くず/金属くず/ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず/がれき類 以上6種類
三重県 02400035253 汚泥/廃プラスチック類/紙くず/木くず/繊維くず/ゴムくず/金属くず/ガラスくず等/がれき類 以上9種類
兵庫県 02801035253 廃油 以上1種類

金物くず商

許可証 第21号

古物商

許可証 第641020000490号

ISO認証取得について

生駒市衛生社は、国際標準化機構(ISO)が定めた国際的な品質マネジメントシステム規格「ISO9001」と環境マネジメントシステム「ISO14001」の認証を2010年1月に取得しました。

ISO9001 品質マネジメントシステム

登録証番号
25962
登録範囲
一般廃棄物・産業廃棄物の収集運搬
登録日
2010年1月5日
再発行日
2016年1月5日
有効期限
2018年9月14日

■品質方針

私達は、市民・お客様の要望に対して正確・安全・丁寧・親切に仕事をします。

私達は、常に感謝の気持ちを持ち、市民・お客様の立場に立って確実に満足を得られるよう、常にサービスの向上を目指します。

私達は、市民・お客様の信頼に支えられた仕事をできることに誇りを持ち、環境に配慮した豊かで安全な地域社会づくりに貢献します。

ISO14001 環境マネジメントシステム

登録証番号
E3488
登録範囲
一般廃棄物・産業廃棄物の収集運搬
登録日
2010年1月5日
再発行日
2016年1月5日
有効期限
2018年9月14日

■環境方針

当社の生業に鑑みて、地球環境の保全の重要性を認識し、サービス及び事業活動において地球環境に与える影響を与える側面に関して、技術的、経済的に可能な範囲で環境目的・目標を定め、定期的に見直しを行うことで環境保全活動の継続的な改善に努めます。

  1. 1. 一般廃棄物収集運搬処理業・産業廃棄物収集運搬処理業で発生が想定される環境負荷に対し、環境マネジメントシステムの継続的改善を推進し、それらに起因する環境汚染の予防に努めます。
  2. 2. 環境法規制及び当社の同意したその他の要求事項を順守します。
  3. 3. 環境目的・目標の設定並びに著しい環境側面の管理と実施により、環境改善並びに環境維持に努めます。また、定期に的な見直しを行います。
  4. 4. すべての活動において環境影響評価を行い改善します。
  5. 5. この環境方針は、全従業員並びに関係各社に周知させるとともに一般公開します。
  6. 6. 次の項目について積極的に推進します。
    <1>廃棄物の削減・リサイクルの推進
    <2>天然資源の有効活用
    <3>省エネルギーの推進
    <4>作業環境の管理

保有車両

家庭系一般廃棄物収集運搬車両

  • ・9tパッカー車 2台
  • ・8tパッカー車 1台
  • ・4tパッカー車 6台
  • ・3tパッカー車 5台
  • ・2tパッカー車 4台

事業系一般廃棄物収集運搬車両

  • ・9tパッカー車 1台
  • ・4tパッカー車 8台
  • ・3tパッカー車 1台
  • ・2tパッカー車 2台

産業廃棄物収集運搬車両

  • ・4tコンテナ車 1台
  • ・2tダンプ車 1台

特別粗大ごみ収集運搬車両

  • ・2tロングダンプ車 3台
  • ・軽トラック 1台

その他の車両

  • ・営業車 2台(内1台ハイブリッドカー)
  • ・軽バン 1台
  • ・油圧式ショベルカー 1台
  • ・フォークリフト 1台
ページトップへ